忍者ブログ
[229]  [228]  [227]  [226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219
かなり前に、キチガイと頭がおかしい系ってのは違う、みたいなことを書いたと思うんですけど、変態と下品ってのも似てるようで全然違うよなぁと思います。
ただ下品な発言をするだけのキャラクターを変態と呼びたくはないし、呼ばれたくないなあという…逆もしかり。
自分が作るものでいうと、大川せんせいが変態でラロ氏が下品な変態なのですが、うーん、表現できていないのかもしれない。
アッ別に的外れなことを言われた!とかじゃないですしむしろキャラクターを考察してもらえるのはすごく嬉しい(人の考察を読むのが好きなので)ので的外れでも全然構わないというかこんな風に見られているのかと面白く思うので構わん続けろなのですが、ただ表現って難しいなというはなしでした。
創作というと、伺かに限らず色んな場所で「設定決めたけどストーリー(トーク)に活かせない」というのを拝見しますが、別に設定全部を見える場所に持ってくる必要はないんじゃないかなあと個人的には思っています。
わたしはゴーストのトークを書くとき、いつもできるだけそのキャラクターになりきって考えるようにしているのですが、自分がキャラになりきるためだけに必要な設定とかたくさんあります。
どんな環境に産まれて、どんな人に育てられて、今までにどんな恋愛をしてきて、っていう結構大雑把なものですが。
でもそれを説明口調で、僕はこんな環境で育ってきてこんな経験しかしていないからこんな愛情表現しかできないんだ、ごめんね、なんて言わせる必要はなくて、そしてそれがユーザーさんに必ずしも伝わる必要はなくて、作っている側がただやりやすくなるためだけの設定があっても全然問題ないですよね。
なんでこんなことを急に語り出したかっていうと、なんでか無性に語りたくなったからです。語る内容は正直なんでもよかったんです。氷帝の制服のデザインの素晴らしさについてでもよかったんです。語らせろォ!!
Calendar
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Twitter
P R
PR
Search in this blog
忍者ブログ [PR]